目の下の色の変化|肌トラブルの一つである目の下のたるみ|ハリのある肌にしよう
レディー

目の下の色の変化

目元

血中の鉄分が色の正体

寝不足になると目のクマが出来てしまう人は多く、顔の印象を暗く見せてしまいます。その主な原因は血行不良だと言われています。なぜ血行不良によって目のクマが出来るかというと、血中に含まれている鉄分と関係があります。鉄分を酸化させることによって酸素を運搬していますが、その酸化している状態が赤いのです。ちょうど鉄が錆びると赤くなるのと同じ原理です。でも、睡眠不足になると目の下の酸素の運搬も滞ってしまい、酸欠状態になります。そのため血中に含まれている鉄分は還元されて血液が黒くなってしまいます。そして、目の下は皮膚は薄いためその色が透けて見えるわけです。その目のクマは、美容整形の治療によって大幅に改善できます。

血小板を使った再生法

その目のクマの治療法として一般的に普及されているのが、PRP皮膚再生法と呼ばれるものです。PRPとは血小板のことであり、自分自身の血液から血小板を取り出して目のクマに注入する治療法となっています。血小板には成長因子を活性化する効果があるため、注入されたところは新陳代謝がアップするわけです。その結果、血行が良くなり血中に含まれている鉄分も酸化、つまり、赤色になるため目のクマも解消されます。実際に多くの人々がPRP皮膚再生法を体験しており、そのほとんどが1回の治療で効果を実感しています。しかも、元々自分自身の血液から抽出した血小板を使っているため、副作用の心配がほとんどないというメリットもあります。